エヴァンゲリオンが使用する銃火器とは


エヴァ タイアップ機8作目突入
リーチ、予告演出、モード演出楽しめます


FIELDSモバイル
FIELDSモバイルがついにスマホに登場

FIELDSモバイルは、スマホのみ対応しています

エヴァンゲリオンが使用する銃火器とは

エヴァンゲリオン各機体が使用する武器には、銃火器も多数存在します。まず、作中でほとんど活躍することがなかったハンドガン(火力が圧倒的に足りないというべきでしょう)、目標をセンターに入れてのくだりが記憶に残る射撃訓練をはじめ、初号機がパレットライフル(形状はアサルトライフルに似ている)をたびたび使用しています。とはいえ、人間の銃ではないので、撃ちだす弾丸は劣化ウラン弾、発射の原理はレールガンと同じです。新劇場版にて名前が判明し、大口径の209mm小銃であることがわかります。
零号機が使用していたスナイパーライフルも銃火器として存在しますが、やはりポジトロンライフルは印象深いものではないでしょうか。
ポジトロンライフルの作中での実戦投入は第9話です。ポジトロンとは陽電子を指し、仕組みとしては物質の中に存在する電子に、陽子が衝突して消滅する特性を生かしたものとされています。大量の電力を消費し、ヤシマ作戦時では日本中の電力が集められました。(そのため、日本全土で停電がおきることとなりました)もともとは自衛隊の研究施設で開発されていたものを、葛城ミサトが徴兵し、ネルフ技術班がライフル型に改造されたものです。距離の計算、軌道の計算などはすべてコンピューターがやってくれるのに、撃ちだすタイミングはパイロット側で引き金を引かなければならないところに、人間と銃のかかわりあいを考えざるを得ません。兵器は使う人間がいてこその、武器なのですね。

エヴァンゲリオンが使用する銃火器とは関連ページ

ヤシマ作戦の規模と武器
ヤシマ作戦の規模と武器 エヴァンゲリオンの武器 エヴァンゲリオンアプリは、FIELDSモバイル♪
電源周りあれこれ
電源周りあれこれ エヴァンゲリオンの武器 エヴァンゲリオンアプリは、FIELDSモバイル♪