使徒について


エヴァ タイアップ機8作目突入
リーチ、予告演出、モード演出楽しめます


FIELDSモバイル
FIELDSモバイルがついにスマホに登場

FIELDSモバイルは、スマホのみ対応しています

使徒の概要

重厚なBGMに乗って、戦闘ヘリの攻撃やN2地雷の攻撃にも全くひるまず第三新東京市にやってくる使徒、使徒たちはいったいなんなのでしょうか。使徒たちは必ず一体でやって来ます。名前の由来は聖書の偽典の天使の名前からとられています。TV版では全18種、18番目は人類であるとされています。使徒と天使という呼称はそもそも別物なのですが、作中本編では「Angel」と書かれています。一応の目的としては、第三新東京市地下にあるネルフ本部にある第一使徒アダム(とされていたもの。実際は第2使徒リリスであることが渚カヲルによって看破されている)ものに接触することによって、サードインパクトを起こし、人類を滅ぼすこととされています。ですが、使徒たちのDNAは人間のものとほとんど構成も配置も変わりません。その差は人間の個人差レベルであり、使徒は活動限界がない=S2機関をもった巨人とさほど変わりはありません。それぞれがA.T.フィールドを使用し、一般の武器では届きません。だからこそ、同じくA.T.フィールドを使えるエヴァンゲリオンが唯一人類に残された対抗手段と言えるのです。
それぞれがコア(赤い球状のもの。エヴァ各機にもある)を持っており、それを破壊しない限りは永久的に動き続けます。
エヴァンゲリオン内でも大きな謎なのは、人類とほとんどDNAが同じ使徒が、なぜサードインパクトを起こそうとしているのかという点です。これは諸説諸設定あり、一概には言えません。

使徒についてエントリー一覧

新世紀エヴァンゲリオンに登場する使徒は、人間とほとんど変わらないDNAを持ちながらも強靭な肉体と恐るべき再生能力を兼ね備...

≫続きを読む

TV版での最強の使徒は、おそらくゼルエルではないでしょうか。ゼルエルは第19話に登場した第14使徒です。手?が折りたたみ...

≫続きを読む