使徒の攻撃を考える


エヴァ タイアップ機8作目突入
リーチ、予告演出、モード演出楽しめます


FIELDSモバイル
FIELDSモバイルがついにスマホに登場

FIELDSモバイルは、スマホのみ対応しています

使徒の攻撃を考える

TV版での最強の使徒は、おそらくゼルエルではないでしょうか。ゼルエルは第19話に登場した第14使徒です。手?が折りたたみ状になっており、一見のんびりした外見と、そこから繰り出される素早い攻撃が印象的ではないでしょうか。折ってある手部分がぱたぱたと展開し、それがカッター状になってエヴァを攻撃するとはだれも思いつかなかったでしょう。
ですが、ゼルエルが最強であると言われるゆえんは、近接戦闘だけではないのです。
ヤシマ作戦でポジトロンスナイパーライフルにて長距離狙撃されたラミエルは、一定距離に近づくと自動的に荷電粒子砲(ガンダムで登場するビーム関連兵器は全部この原理です)で攻撃、その間に地上からシールドマシン状の物体を伸ばし、ジオフロントまでひたすらにせっせと穴を掘り、ネルフ本部に到達しようとしました。10時間以上も穴を掘る行為は大変地味です(それが多数の特殊装甲を乗り越えるためだとしても)が、ゼルエルはその特殊装甲を光線によって一瞬で溶かしてしまったのです。そしてあっさりとジオフロントに入り込むと、ネルフ本部をぎりぎりまで追い込み、また、大火力で攻撃するエヴァ弐号機の両腕、頭をすっぱりと切り取ってしまいます。零号機の捨て身のN2爆弾特攻もコアに到達することが出来ず、同じく頭を飛ばされてしまいます。エヴァ初号機をもギリギリまで追い詰めるものの、最終的には初号機が覚醒して捕食されるという末路です。

使徒の攻撃を考える関連ページ

使徒を考える
使徒を考える 使徒について エヴァンゲリオンアプリは、FIELDSモバイル♪